MENU

医師

内容によって異なる

性病検査では、病院で行うほか検査キットを購入して検査をしてもらう方法があります。キットの場合、複数の検査を簡単にしてもらうことができます。しかも、匿名で行えるという部分もあり、誰にも知られずに検査をしたいという人に向いています。

救急車

性感染症は自然治癒しない

性感染症は自然治癒することがないため、放置すると悪化するだけです。少しでも異常を感じたら、病院で性病検査を受けることが大切です。検査の方法は、血液検査や尿検査、おりものの検査のほか、喉の粘膜の検査があります。

看護師

感染を広げないために

性病検査キットで検査を受けるなら、隠れている性病も発見できるように検査種類の多いものを選ぶといいでしょう。知らぬ間に感染を広めてしまう可能性があるので早期発見が大切です。病院で調べてもらうのも重要です。

ドクター

将来やパートナーのために

産婦人科で性病検査を行う際は、採血や膣内採取などの方法があり、痛みがほとんどなく、短時間で済むことが特徴です。性病に感染したままにしておくと、パートナーを感染させてしまったり、将来、不妊症になる場合もあるため、検査を受けることは大切です。

医師

自分の体を守るために

自分の体を守るために、積極的に性病検査を受けるようにしましょう。血液検査や内診で、簡単に検査が出来ますので、若いうちに行ってみましょう。またHIVについては、全国の保健所で匿名で受けることが出来ます。

検査でハッキリさせる

聴診器

すべて伝えることが大切

厄介な病気はたくさんありますが、そこに恥ずかしさというものが加わり、さらに厄介なことになっているのが性病です。一度かかってしまうと、何も対処せずに治るような病気ではないのも、人々を深く悩ませる原因となっています。そのため、性病かもしれないと感じたのなら、検査を受けなければいけないのですが、産婦人科(もちろん女性のみ)か泌尿器科(男性も女性も可能)に訪れなければいけません。現在では、自宅で性病検査ができるキットもありますが、治療をおこなうなら最終的に医療機関に訪れるのでやめておいたほうがよいでしょう。性病検査を受けたいと考えたときは、まず通える範囲にある評判のよい医療機関を探すことから始めます。よさそうなところが見つかったのなら、次は公式ホームページで診療日と受付時間をチェックしましょう。それと一緒に、診察に予約が必要かどうかも調べておくと(ほとんどのところは必要ありません)余計な手間をかけずに済みます。そして、ドクターの診察を受けることになったのなら、話を省略せずに、現状や症状が起こった原因などをきちんと伝えましょう。一番怖いのは症状が軽く伝わってしまい、性病検査を受けられないことなので、羞恥心は捨ててきちんと話すべきです。しっかりと診察さえしてもらえば、ドクターが適切な方法で性病検査をしてくれるため、後は結果を待つだけです。もちろん、性病検査の結果によって、最適な治療方法を提示してくれるので、それから治すための努力をおこないましょう。

Copyright© 2018 【恥ずかしがる必要性はナシ】専門医院で性病検査を受けよう All Rights Reserved.